/page/3

Speed ad - Mistakes (by NZTransportAgency)

Experimental animation meets pottery (by Crafts Council)

THE SUPERIOR LABOR (by nap,inc.)

Foster The People - Coming of Age (Mural Time-Lapse) (by fosterthepeopleVEVO)

Sundays Teaser (by PostPanic)

むかしむかし、メイシ天皇の宮廷でのこと。

サムライ達はみな、大好きな「オーパ」という遊びに興じていた。

どのような遊びかというと、参加者は皆自分の赤い小魚を持ち寄り、その魚にご飯で作られた輪で輪くぐりをさせる。

魚はその輪をくぐるためにジャンプしなければならない。より高くはねた魚が勝ちという遊びだ。

はねるときには「オーパアアアアアアアアアア!」とサムライ達は叫んでいた。

そして勝利した魚の持ち主のサムライは太陽の天皇、メイシ天皇と会うことができる権利をもらえた。

サムライ達は皆その栄光が欲しく、勝利する方法を色々と模索していた。

その中でも偉大なサムライである、ヤキモトはとある村に住むオム仙人に助言を貰いに行った。

その旅は長く、いろいろな物を見た。

1つ目のフクロウにも会ったし、「ヤ」という鳥も見た。

「ヤ」が人前に現れるのは十年に一度という。

とても運が良かった。


それでヤキモトはとても機嫌が良かった。

オム仙人の元へ辿り着き、辞儀をし、フクロウと「ヤ」の話をし、正しい道に導くようにとお願いをした。

仙人は真っ白な着物の袖から小さい笛を取り出し、簡単なメロディーを3回演奏した。

その後こう言った。

「三日間魚にあんこ入りの餅を食べさせなさい。然すれば福の神があなたの家の暖炉の煙突に住むようになる。」

ヤキモトは大変喜び家へ急いだ。

家へ帰ると、一番質のいい米をつき砕いて美味しい餅を作るように命令した。

三日後に試合が始まった。

サムライたちは順番に魚の入った容器を伸ばした手で運び、米の輪の下に置いた。

その輪を高く上げ、魚がどこまでジャンプしたか特別な板の上に記した。

メイシ天皇は扉の外におり、中へ入ることはできなかった。

サムライと一緒に遊んではいけない決まりがあった。

天皇の教育係達は天皇が規則を破らないように見張っていた。

メイシ天皇はまだ幼かったのだ。

ヤキモトの順番がまわってきた。

ヤキモトは容器を持ち、米の輪の下に置き、魚が跳ねるのを待っていた。

必ず勝つと思ってた。

しかし、美味しい餅で太った魚は、輪に引っかかり出られなくなった。

ヤキモトは腹が立ち、刀を抜き魚を切った。

その切り身は審査員の前に置いてあった皿に落ちた。


大混乱になった。

多くのサムライがいつでも抜けるように刀に手をかけた。

すると扉が開き、メイシ天皇が入ってきた。


天皇は教育係を騙して部屋へ入ってきたのだ。当時まだ9歳だった。

結果の書いてある板を見ようと審査員に近づくと、ご飯の中に入った魚を見つけ、すぐに食べてしまった。

口にいれた瞬間、「ス・シ」と言った。

その言葉は、

「魚の入っているご飯はとても美味しい。作った人はここへ来なさい。」

という意味だった。

時は経ち、メイシ天皇は成人し、ヤキモトは高等文官に迎えられ裕福になったという。

トラのバターで焼いたホットケーキについて

reretlet:

この記事は、tumblr reblogging enviroment Advent Calendar 2013 - Adventar 第9日目の記事です。

image

image

“僕らはものすごい速度で忘れ去られていく”

image

image

image

“人類の進化の一つの完成形を「生活のために働く必要がない世界」だと想定する。
その世界では食べるための仕事は存在していない。
次に、その状態に至る過程の「完成形まであと一ヶ月の世界」を想像する。
そこでは最後の職業プログラマが最後の自動化のためのコードを書いている。”

image

image

“「明日はいつだって今日より面白いわよ」”

image

One Direction - Story of My Life (by OneDirectionVEVO)

(via 観光ビデオ、カンヌのグランプリは南オーストラリア | Multimedia Journalism)

では、今年2013年、Cannes Corporate Media Award グランプリ。南オーストラリア観光局、バロッサ地方のプロモーションビデオです。ワイルドな土地なんでしょう。そういうのが匂ってきます。

SOFLES — LIMITLESS. (by ironlakfilms)

The Correspondents - Fear & Delight (director’s cut) (by Naren Wilks)

8,336,615 (New York) (by Paul Riccio)

One Man Dances Like Nobody’s Watching While Everyone Is He’ll Crack You Up! Comedy Videos (by José Durán)

Speed ad - Mistakes (by NZTransportAgency)

Experimental animation meets pottery (by Crafts Council)

THE SUPERIOR LABOR (by nap,inc.)

Foster The People - Coming of Age (Mural Time-Lapse) (by fosterthepeopleVEVO)

Sundays Teaser (by PostPanic)

むかしむかし、メイシ天皇の宮廷でのこと。

サムライ達はみな、大好きな「オーパ」という遊びに興じていた。

どのような遊びかというと、参加者は皆自分の赤い小魚を持ち寄り、その魚にご飯で作られた輪で輪くぐりをさせる。

魚はその輪をくぐるためにジャンプしなければならない。より高くはねた魚が勝ちという遊びだ。

はねるときには「オーパアアアアアアアアアア!」とサムライ達は叫んでいた。

そして勝利した魚の持ち主のサムライは太陽の天皇、メイシ天皇と会うことができる権利をもらえた。

サムライ達は皆その栄光が欲しく、勝利する方法を色々と模索していた。

その中でも偉大なサムライである、ヤキモトはとある村に住むオム仙人に助言を貰いに行った。

その旅は長く、いろいろな物を見た。

1つ目のフクロウにも会ったし、「ヤ」という鳥も見た。

「ヤ」が人前に現れるのは十年に一度という。

とても運が良かった。


それでヤキモトはとても機嫌が良かった。

オム仙人の元へ辿り着き、辞儀をし、フクロウと「ヤ」の話をし、正しい道に導くようにとお願いをした。

仙人は真っ白な着物の袖から小さい笛を取り出し、簡単なメロディーを3回演奏した。

その後こう言った。

「三日間魚にあんこ入りの餅を食べさせなさい。然すれば福の神があなたの家の暖炉の煙突に住むようになる。」

ヤキモトは大変喜び家へ急いだ。

家へ帰ると、一番質のいい米をつき砕いて美味しい餅を作るように命令した。

三日後に試合が始まった。

サムライたちは順番に魚の入った容器を伸ばした手で運び、米の輪の下に置いた。

その輪を高く上げ、魚がどこまでジャンプしたか特別な板の上に記した。

メイシ天皇は扉の外におり、中へ入ることはできなかった。

サムライと一緒に遊んではいけない決まりがあった。

天皇の教育係達は天皇が規則を破らないように見張っていた。

メイシ天皇はまだ幼かったのだ。

ヤキモトの順番がまわってきた。

ヤキモトは容器を持ち、米の輪の下に置き、魚が跳ねるのを待っていた。

必ず勝つと思ってた。

しかし、美味しい餅で太った魚は、輪に引っかかり出られなくなった。

ヤキモトは腹が立ち、刀を抜き魚を切った。

その切り身は審査員の前に置いてあった皿に落ちた。


大混乱になった。

多くのサムライがいつでも抜けるように刀に手をかけた。

すると扉が開き、メイシ天皇が入ってきた。


天皇は教育係を騙して部屋へ入ってきたのだ。当時まだ9歳だった。

結果の書いてある板を見ようと審査員に近づくと、ご飯の中に入った魚を見つけ、すぐに食べてしまった。

口にいれた瞬間、「ス・シ」と言った。

その言葉は、

「魚の入っているご飯はとても美味しい。作った人はここへ来なさい。」

という意味だった。

時は経ち、メイシ天皇は成人し、ヤキモトは高等文官に迎えられ裕福になったという。

トラのバターで焼いたホットケーキについて

reretlet:

この記事は、tumblr reblogging enviroment Advent Calendar 2013 - Adventar 第9日目の記事です。

image

image

“僕らはものすごい速度で忘れ去られていく”

image

image

image

“人類の進化の一つの完成形を「生活のために働く必要がない世界」だと想定する。
その世界では食べるための仕事は存在していない。
次に、その状態に至る過程の「完成形まであと一ヶ月の世界」を想像する。
そこでは最後の職業プログラマが最後の自動化のためのコードを書いている。”

image

image

“「明日はいつだって今日より面白いわよ」”

image

One Direction - Story of My Life (by OneDirectionVEVO)

(via 観光ビデオ、カンヌのグランプリは南オーストラリア | Multimedia Journalism)

では、今年2013年、Cannes Corporate Media Award グランプリ。南オーストラリア観光局、バロッサ地方のプロモーションビデオです。ワイルドな土地なんでしょう。そういうのが匂ってきます。

SOFLES — LIMITLESS. (by ironlakfilms)

The Correspondents - Fear & Delight (director’s cut) (by Naren Wilks)

8,336,615 (New York) (by Paul Riccio)

One Man Dances Like Nobody’s Watching While Everyone Is He’ll Crack You Up! Comedy Videos (by José Durán)

"

むかしむかし、メイシ天皇の宮廷でのこと。

サムライ達はみな、大好きな「オーパ」という遊びに興じていた。

どのような遊びかというと、参加者は皆自分の赤い小魚を持ち寄り、その魚にご飯で作られた輪で輪くぐりをさせる。

魚はその輪をくぐるためにジャンプしなければならない。より高くはねた魚が勝ちという遊びだ。

はねるときには「オーパアアアアアアアアアア!」とサムライ達は叫んでいた。

そして勝利した魚の持ち主のサムライは太陽の天皇、メイシ天皇と会うことができる権利をもらえた。

サムライ達は皆その栄光が欲しく、勝利する方法を色々と模索していた。

その中でも偉大なサムライである、ヤキモトはとある村に住むオム仙人に助言を貰いに行った。

その旅は長く、いろいろな物を見た。

1つ目のフクロウにも会ったし、「ヤ」という鳥も見た。

「ヤ」が人前に現れるのは十年に一度という。

とても運が良かった。


それでヤキモトはとても機嫌が良かった。

オム仙人の元へ辿り着き、辞儀をし、フクロウと「ヤ」の話をし、正しい道に導くようにとお願いをした。

仙人は真っ白な着物の袖から小さい笛を取り出し、簡単なメロディーを3回演奏した。

その後こう言った。

「三日間魚にあんこ入りの餅を食べさせなさい。然すれば福の神があなたの家の暖炉の煙突に住むようになる。」

ヤキモトは大変喜び家へ急いだ。

家へ帰ると、一番質のいい米をつき砕いて美味しい餅を作るように命令した。

三日後に試合が始まった。

サムライたちは順番に魚の入った容器を伸ばした手で運び、米の輪の下に置いた。

その輪を高く上げ、魚がどこまでジャンプしたか特別な板の上に記した。

メイシ天皇は扉の外におり、中へ入ることはできなかった。

サムライと一緒に遊んではいけない決まりがあった。

天皇の教育係達は天皇が規則を破らないように見張っていた。

メイシ天皇はまだ幼かったのだ。

ヤキモトの順番がまわってきた。

ヤキモトは容器を持ち、米の輪の下に置き、魚が跳ねるのを待っていた。

必ず勝つと思ってた。

しかし、美味しい餅で太った魚は、輪に引っかかり出られなくなった。

ヤキモトは腹が立ち、刀を抜き魚を切った。

その切り身は審査員の前に置いてあった皿に落ちた。


大混乱になった。

多くのサムライがいつでも抜けるように刀に手をかけた。

すると扉が開き、メイシ天皇が入ってきた。


天皇は教育係を騙して部屋へ入ってきたのだ。当時まだ9歳だった。

結果の書いてある板を見ようと審査員に近づくと、ご飯の中に入った魚を見つけ、すぐに食べてしまった。

口にいれた瞬間、「ス・シ」と言った。

その言葉は、

「魚の入っているご飯はとても美味しい。作った人はここへ来なさい。」

という意味だった。

時は経ち、メイシ天皇は成人し、ヤキモトは高等文官に迎えられ裕福になったという。

"

Tumblrについて:

EdmondJp.blogspot /
Facebook / Twitter / Ustream

フォロー中: